物件探しもアプリの時代

賃貸物件を探す場合、今までは店舗で営業マンと話しながら条件を提示し、条件にあった物件を紹介してもらっていたのではないでしょうか。インターネット、パソコン、スマートフォン等が普及した現在は物件の探し方にも変化があるようです。

■チャットを使用して物件探し

アパマンショップではチャットを使用した物件を探す仕組みがあります。「チャットde簡単!お部屋探し」というものなのですが、LINEアプリをインストールして使用します。

アパマンショップの公式キャラクターである「べあ~君」を相手におしゃべりしながら物件を探すというものです。条件を指定して物件を探すという点では、一般的なものと違いはありませんが、機械的な検索と比べると、少し楽しみながら物件探しができるものとなっています。

物件だけでなく、地域の情報、生活に関しての様々な情報を確認することができるようになっていて、一般的な検索よりも便利かもしれません。

■IT接客による物件探し

本当は店舗に行って担当者と話しながら物件探しがしたい。でも、遠方であったりするとなかなか時間がとれない。ということもあるのではないでしょうか。アパマンショップではIT接客というアプリを使用することで、店舗に行かなくても専門のスタッフがお部屋探しをサポートしてくれるのです。

「ITショップ」という専用のアプリをダウンロードする必要があるのですが、カメラのついたパソコンやスマホ等があれば、テレビ電話のような感じで接客を受けることができます。つまり、自宅に居ながら店舗と同様の接客が受けられるようになっています。対応可能な店舗とそうでない店舗があるので、確認しておく必要がありそうです。

■IT化に力をいれているアパマンショップ

アパマンショップはグループの代表である大村浩次氏が創業した株式会社アパマンショップネットワークが展開する不動産賃貸の仲介を行うフランチャイズのグループです。創業前に大村浩次氏は不動産のIT化について、大手の賃貸不動産の仲介を行う経営者たちと研究を行っていたそうです。
いろいろなシステムを開発しているのですが、ITに関する技術を高めるために、株式会社システムソフトを子会社にしています。

現在の物件探しのいろいろな機能に関しては、創業前の研究時に大村浩次氏の構想としてあったのかもしれません。

パソコンやスマホを使用して物件探しができるようになり、わざわざ現地に足を運ぶ必要がなくかなり便利になったといえます。しかし、さすがに内見まではパソコンやアプリでというわけにはいきませんよね。写真や動画といった方法もありますが、やはり実際に自分の目でみるということは最終的には必須となりそうです。

こだわりの条件で探す賃貸物件

ネットでの物件探しと言えば、エリアや最寄り駅、間取りや賃料の範囲を設定してリストで表示というのが一般的です。その中から1件ずつ確認していきますよね。アパマンショップではいろいろな検索の仕方があるのです。

■国内店舗数ナンバーワンのアパマンショップ

アパマンショップは不動産の賃貸の仲介を行う事業をフランチャイズ展開するために、大村浩次氏が1999年に創業した賃貸の仲介に特化した不動産業者です。創業前に大村浩次氏はフランチャイズ展開や不動産業界のIT化について研究をしていたということもあり、自社のシステムにはかなり力を入れているようです。

フランチャイズ展開に関しては、他社がすでにフランチャイズ展開をしている中、後発で始めたのですが業界トップの店舗数となるくらい成長しています。店舗が多ければ、必然的に物件数が多くなるため、IT技術による物件検索の効率化は欠かせない部分なのかもしれません。

■こだわりの検索

物件探しをする人は、それぞれ異なる条件で物件を探します。一般的な検索条件に加えてその人のこだわりというのもあるのではないでしょうか。ペットと暮らしたい人もいれば、角部屋がよいという人。また、南向きがよいという人、メゾネットがよいという人などさまざまです。

こういったそれぞれのこだわりを基準として物件を検索する仕組みがアパマンショップの物件検索で可能になっています。これは、大村浩次氏が研究していたという不動産のIT化のひとつの形なのかもしれません。もちろん、スマホの普及等によっても、検索のあり方はどんどん変わってきています。

こういった時代の変化にIT技術で応えているということなのかもしれません。

■多様化する物件の探し方

物件探しにはさまざまな方法があります。これは、物件探しをする人の環境が今までを変わってきたことへの対応であるかもしれません。インターネットの普及もそうですが、それによって物件の情報がどこからでも検索できるようになっています。

また、スマホやタブレットの普及によって、どんなシチュエーションであっても電波さえ届く場所であれば、情報の閲覧が可能となっています。

今までは、引越し先の物件は、時間を作って探すものだったのですが、今やわざわざ時間を作らずとも空いている時間に探すことができます。条件の登録さえしておけば、新着の物件で条件に合うものであれば通知されるといったものもあるのです。

現在の情報化社会によって、いろいろな情報を時間と場所を問わず得ることができるようになりました。それは賃貸物件を探す場合でも同じです。内見や契約には店舗を利用することになりますが、法の改正は必要になりますが、その内それすらも必要としない時代がくるのかもしれません。

アパマンショップの特徴

賃貸物件を探す場合、大手不動産会社のサイトから検索する人も多いのではないでしょうか。その中でもアパマンショップを利用している人は多いと思われます。

アパマンショップは全国に1000店舗以上展開している大手不動産会社で、北は北海道から南は沖縄まで、どの地域でも相談することが可能です。

■ネットで簡単検索が可能

アパマンショップは全国に数多くの物件を所有しており、インターネットから希望の物件を探すことも可能です。物件探しのための公式サイトを公開しており、希望の地域から簡単に物件を探しだせます。

敷金礼金ゼロ円物件やペット可物件、駐車場付きやバス・トイレ別など、こだわり条件から検索することも可能で、戸建てやマンションなどタイプ別に物件を探すこともできます。

希望の物件が見つからなかった場合でも、条件さえ登録していれば、希望の物件が現れたときに連絡をくれるなど、希望条件をリクエストすることもできます。

また、電話での相談も受け付けているため、インターネットが利用できない環境であっても物件探しを行うことが可能です。

■フランチャイズ店と直営店がある

全国展開しているアパマンショップですが、すべて直営というわけではありません。店舗形態は直営とフランチャイズの2種類あり、加盟店ではオーナーにすべて経営を任せているようです。

アパマンショップの加盟店になることで知名度も上がり、紹介できる物件も増えるなどのメリットが多いことから、現在も加盟店は増加傾向にあります。
フランチャイズ店で全国展開していることから信頼度も上がり、利用者も安心して契約を結ぶことができます。
ただし、フランチャイズ店が増えるということは、それだけ品質管理や維持が難しくなるため、一定数の直営店を保持しているようです。

■創業者は大村浩次

アパマンショップはもともと創業者の大村浩次と複数の大手賃貸管理業経営者が不動産賃貸仲介業界のIT化や品質向上を目指し、フランチャイズ化をスタートさせました。
1999年に東京都と福岡県に支店を開設し、それからは次々とフランチャイズ店が増え、現在に至ります。代表取締役は現在も大村浩次が務めており、東京都に拠点を置いています。国内のみならず、現在は6カ国11都市で海外にもアパマンショップを展開しています。

また、不動産賃貸経営だけでなく、コインパーキングや自販機など、さまざまな事業に参加しており、多角経営による賃貸仲介業の投資が可能になっています。

賃貸物件を借りる場合、大手不動産会社だと安心して利用することができるのではないでしょうか。
引っ越しをする際は、アパマンショップの公式サイトから物件探しをしてみるのもいいでしょう。

管理人が選ぶサイト◇◇◇大村浩次のブログ

アパマンショップを利用するメリット

全国展開している不動産会社は多いですが、その中でも突出して店舗数が多いのがアパマンショップです。全国各地に出店しており、その数は1000を超えるほど大手不動産会社です。アパマンショップを利用するにあたり、どのようなメリットがあるのでしょう。

■アパマンショップとは?

アパマンショップは代表取締役を大村浩次が務める不動産会社で、全国エリアに対応している会社です。代表の大村浩次が1999年に創立した会社で、現在では国内でも大手不動産会社としてしられています。
2012年にはフランチャイズ加盟店が1000店舗に突入し、東京証券取引所JASDAQに上場しています。現在も大村浩次が代表を務めており、毎朝5時に出社して会社周辺の掃除を続けています。

訪れる来店者の半分は県外からのため、加盟店のネットワークを活用し、全国への引っ越しが可能になっています。

■店舗数と物件数が多い

アパマンショップを利用するうえで、大きなメリットのひとつが店舗数が多いという点です。フランチャイズ店と直営店が全国に点在しているため、各地域でアパマンショップに行くことが可能です。

店舗数は業界最大数になるため、取り扱う物件数も多く、その数は業界トップクラスになります。
通常の不動産会社だと、店舗近隣地域の物件しか紹介できませんが、アパマンショップは加盟店の物件情報をデータベース化して共有していることから、利用者の希望の物件を探すことができます。

■店舗に行かなくても接客を受けられる

仕事が忙しいサラリーマンや、遠方地に引っ越しが決まった人など、なかなか店舗に行って相談できないことも少なくありません。

アパマンショップでは店舗に行くことのできない人でも利用できるように、接客専用アプリを用意しています。専用のアプリをパソコンやスマートフォンにダウンロードすると、テレビ電話のように相談することができます。
メールでのやり取りを行う不動産会社も多いですが、スタッフの顔が見えないと不安に感じることもあるので、アパマンショップのサービスは安心して利用できるといえます。
カメラ付きの機種でないと対応していませんので、相談したい場合はカメラ付きのパソコンや携帯を用意するようにしましょう。

アパマンショップを利用した場合、仲介手数料を家賃1カ月分支払わなくてはなりませんが、定期的にキャンペーンを行っており、このキャンペーンを利用すると仲介手数料が割引されることもあります。
また、現金キャッシュバックや割引クーポンの配布など、さまざまなキャンペーンも行っていますので、引っ越しの予定がある人はアパマンショップの公式サイトをチェックしてみるといいでしょう。

アパマンショップで探せる希望の物件

急な転勤や大学進学など、引っ越しが必要になった際に役立つのが不動産サイトです。最近ではさまざまな不動産会社の物件を公開しているサイトも多く、わざわざ不動産会社に出向かなくても希望の物件を探すことが可能です。

アパマンショップは自社の不動産サイトを公開しており、自社が抱える数多くの物件の中から希望物件を探せます。

■賃貸住宅を探す際に気を付けるポイント

ネットから簡単に物件探しができるようになりましたが、あまりにも数多くの物件がヒットするため、どの物件を選べばよいか決めかねることもあるのではないでしょうか。

物件探しを行っている場合、気を付けなくてはならないのが最初に条件を決めておくという点です。家賃の上限を決めなかったり、物件のエリアを決めていないと、際限なく物件を見つけることができるため、検索前に自分で条件を決めておくことが大切です。

特に家賃を決めておくことは大事です。一般的に月収の3割程度が家賃に相当するといいますが、手取り18万円だと6万円が家賃に消えていき、残り12万円で生活しなくてはなりません。
12万円もあれば十分と思うかもしれませんが、光熱費や通信費、食費や交通費などで半分以上は出費してしまうため、残りで遊興費や美容費などを賄わなくてはなりません。
賃貸住宅を探す場合、まずは自分の生活支出を見直し、月に必要な金額を除き、そこから貯蓄費などを除いた金額で設定すると、余裕を持った生活を送ることができます。

■条件を絞って探せるアパマンショップ

希望の引っ越しエリアで賃貸住宅を探す人も多いですが、土地勘がないと会社から自宅までの距離や最寄り駅までの距離、周辺の施設などが分からず、実際に引っ越すと不便な目に遭うこともあります。

アパマンショップの公式サイトはさまざまな検索条件を設置しているため、家賃だけでなく間取りや築年数、アパートやマンションなど物件の種別を選んで探すことが可能です。
最寄り駅から5分以内で1DKのマンションなどといったように、自分の希望する物件を細かく指定することができます。
また、ペット可の物件やフローリング、角部屋やバス・トイレ別など、細かい条件で絞り込むこともできるようです。

■アパマンショップの代表取締役は?

大手不動産会社としてしられるアパマンショップですが、代表取締役は大村浩次が務めています。創業当時から現在まで大村浩次が代表を務めており、20年以上も早朝5時に出社を続けています。
また、大村浩次は出社してからの掃除を欠かさず続けており、日本で一番働く社長ランキングにも選ばれているほどです。